同窓会『峰友会』会則

第1章  総 則

第1条 本会は兵庫県立川西明峰高等学校同窓会「峰友会」と称する。
第2条 本会の本部は兵庫県立川西明峰高等学校内に置く。

第2章  目的および事業

第3条 本会は会員の親睦を深め相互扶助と人格の向上を図り、あわせて母校との連絡を蜜にして、その発展に寄与することを目的とする。
第4条

本会は次の事業を行う。

1.同窓会会報「峰友通信」の発行、同窓会会員名簿の管理、会員の集会。
2.母校の発展を後援する事業。
3.その他本会の目的を達成するために必要な事業。

第3章  会 員

第5条

本会は次の会員で組織する。

1.正会員・・・・兵庫県立川西明峰高等学校を卒業した者。
2.特別会員・・・兵庫県立川西明峰高等学校現職員および旧職員。

第6条 本会の名誉を傷つけ、または目的に反する行為のあった会員は、本部役員会の決議により会長がこれを除名することができる。

第4章  役 員

第7条

本会には次の役員を置く。

  1. 本部役員会・・・会長1名・副会長2名・会計1名・書記1名・顧問若干名・相談役1名
  2. 理 事 会・・・理事(各卒業年度の幹事の中から2名)
  3. 幹 事 会・・・幹事(卒業時の各クラスの中から2名)
  4. 会計監査・・・・1名
第8条

役員の選出方法は次のとおりとする。

  1. 会長は本部役員会において正会員の中から選出し、総会の承認を得る。
  2. 副会長、会計、書記は、正会員の中から会長が選出し委嘱する。
  3. 顧問若干名は、兵庫県立川西明峰高等学校現職員の中から、学校長が委嘱する。
  4. 幹事は卒業時に各クラスより男女1名ずつを選出して会長が委嘱し、幹事会を組織する。
  5. 理事は各卒業年度の幹事から男女1名ずつを選出して会長が委嘱し、理事会を組織する。
  6. 会計監査は、顧問、本部役員、理事、幹事、のいずれにも就いていない会員の中から選出し、該当年度の会計監査を行う。ただし、再任は妨げない。
  7. 相談役は本部役員経験者から会長推薦により選出し、本部役員会の承認を得る。
第9条 役員の任期を2年とする。ただし、再任は妨げない。なお、幹事のみは卒業時決定のままを原則とし、その後欠員・辞退の生じた場合はそのクラスから選出する。
第10条

役員の任務は次のとおりとする。

  1. 会長は本会を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、必要な場合、会長の職務を代行する。
  3. 会計は第6章に基づく会計事務を執行する。
  4. 書記は本会の議事録作成や、文書管理を行う。
  5. 理事は理事会を組織して会務を分担執行すると共に、会長の諮問に応じて重要会務の審議にあたる。また、同期生に対する会務連絡をはかり、学年同窓会の企画運営にもあたる。
  6. 幹事は幹事会を組織して理事を補佐すると共に、同期生、クラス全員に対する会務連絡をはかる。また、クラス同窓会等の企画運営にあたる。
  7. 顧問は本部役員と共に会務を執行する。
  8. 相談役は本部役員と共に会務を執行する。
  9. 会計監査は会計の執行を監査し、その適正を期する。

第5章  会 議

第11条
  1. 全体総会は原則として2年に1回開き、収支決算、役員の承認、会則の改正、その他、会務の報告を行うと共に、会員相互の懇親を図る。
  2. 臨時総会は会員からの要請により、本部役員会が開催を必要と認めた時、会長がこれを召集する。
第12条

総会は会長が召集し、議長は本部役員より選出する。

第13条 本部役員会は原則として年1回開催し、収支決算確認等を行う。理事会・幹事会は必要に応じて会長が召集し、議長は会長がつとめる。
第14条

本会のすべての会議の決議は、出席者の過半数の賛成をもって成立する。

第6章  会 計

第15条

正会員は終身会費として定額5000円を在学中に納入する。会費の定額は第18条に基づく手続きによって改正することができる。

第16条

会計は通常会計と特別会計の2区分とする。特別会計とは毎年会費の一部を基本財産として蓄積し、母校の記念事業などにそなえる。その他を通常会計として会務の諸経費を支出する。

第17条 会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。本会の収支決算は総会にこれを報告し、その承認を得なければならない。

第7章  会則の改正

第18条 本会則の改正は本部役員会で発議し、総会の承認を得なければならない。

付 則

  1. 本会は昭和54年9月24日から施行する。
  2. 本会則は平成8年12月1日より施行する。
  3. 本会則は平成12年10月23日より施行する。
  4. 本会則は平成16年11月28日より施行する。
  5. 会員で、その住所および一身上に異動を生じた時は、直ちに母校内本部(同窓会顧問)宛にその旨を連絡するものとする。
  6. 改正後の会費は第22期生から適用する。

細 則

  1. 会員の慶事、功労、授賞等で特に必要と認めた場合、本部役員会で諮り記念品等を贈ることができる。
  2. 会務運営のための旅費は、原則として川西能勢口駅を起点として実費を支給するものとする。
Pocket