広島国際学院高等学校同窓会ホームページへようこそ

同窓会会則

  • HOME »
  • 同窓会会則

広島国際学院高等学校同窓会規約

第1章 総   則

第1条 本会は「広島国際学院高等学校同窓会」と称し、本部を広島国際学院高等学校内(広島県安芸郡海田町曽田1-5)に置く。
第2条 この規約において会員とは原則として広島高等予備校・広島高等学校・広島電気学校・広島電機専門学校・広島電機高等学校・鼓浦女子商業専門高等学校・広島電機大学附属高等学校・広島国際学院高等学校の卒業生をもって構成する。但し、旧・現教職員は特別会員とする。
第3条 多数会員を擁する職場又は地区に、支部を置くことができる。
第4条 本会の運営は第5章に定める会計をもって当てる。
第5条 会員は氏名・住所・職場等に異動が生じた場合は、遅滞なく本部又は支部へ届けるものとする。

第2章 目的と事業

第6条 本会の目的は第2条に基づく卒業生相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを目的とする。
第7条 本会は第6条の目的達成のために次の事業を行う。
1.同窓会会員の親睦に関する事業
2.母校在校生に対する奨学金支給に関する事業
3.母校生徒会活動の援助に関する事業
4.その他、第6条の目的達成に関する事業

第3章 運営機関

第8条 本会は次の運営機関を置きその事業を遂行する。
1.定期総会及び臨時総会
2.役 員 会
3.幹 事 会

第1節 総  会

第1項 総会は本会の最高決議機関であり、定期総会は年一回、臨時総会は会長が必要と認めた場合その都度開催する。
第2項 総会の議長は出席会員の互選により選出する。
第3項 総会は出席人員によって成立する。
但し、委任状提出者も出席と認める。
第4項 総会の議決は出席会員の多数決で決定する。
可否同数の場合は、議長がこれを決する。

第2節 役 員 会

第1項 役員会は本会の最高審議機関であり、総会並びに幹事会決議に従って業務を執行し責任を負う。
第2項 役員会の議長は会長がこれに当たる。
第3項 役員会は会長、副会長、幹事長、事務局長、書記、会計で構成される。尚、会長が必要と認めた時は、顧問、相談役、参与の出席を要請する。

第3節 幹 事 会

第1項 幹事会は総会に次ぐ決議機関である。
第2項 幹事は母校の推薦により若干名を選出し、総会で承認する。
又、幹事会の推薦により補充選任することができる。
第3項 幹事会の運営組織として、常任幹事を選出し第9条第2節6項の任務を遂行する。
但し、原則として常任幹事は同窓生並びに母校関係者、教職員が当たる。
第4項 幹事会が、幹事として適任でないと認めた場合はこれを退任させることができる。
第5項 幹事会は下記の場合に開催し、幹事長が招集する。
1.会長が必要と認めた場合
2.幹事の1/3以上の賛成があった場合
第6項 幹事会は出席幹事によって成立し、幹事会の審議決定は出席幹事の多数決で決定する。可否同数の場合は幹事長がこれを決する。
尚、委任状提出者は出席と認める。

第4節 そ の 他

第8条に基づく運営を円滑に行う為、幹事、各支部長、OB会長、同期会による合同会議を定期又は臨時に開催する。

第4章 役   員

第9条 本会には次の役員を置く。

会 長 1名
副会長 若干名
幹事長 1名
事務局長 1名
書 記 2名
会 計 1名
会計監査 2名
顧問 若干名
相談役 若干名
参 与 若干名

第1節 役員の選出

第1項 会長、副会長は会員の互選で選出し総会で承認され、その任期は2年とし再任を防げない。
第2項 幹事長は幹事の互選により選出し総会で承認され、その任期は2年とし再任を防げない。
第3項 事務局長及び書記・会計・会計監査は常任幹事会の推薦により、会長がこれを任命する。
第4項 顧問は原則として学法・理事長及び現職高校長を、相談役は歴代同窓会長に就任要請を行う。
第5項 参与は幹事会の要請により会長が必要と認めた場合選任する。
参与は原則として、副会長、幹事長、事務局長および書記経験者に就任要請を行う。

第2節 役員の任務

第1項 会長は本会を代表してその職務を遂行し、総括する。
第2項 副会長は会長を補佐し、会長が不在の場合はその代理をする。
第3項 幹事長は会長、副会長を補佐し、事務的な本会の運営を遂行する。
第4項 事務局長及び書記は、幹事会の議決により行事の遂行を行い、本部の事務業務を総括する。
第5項 会計は会計事務を、会計監査は年度の会計監査を行う。
第6項 常任幹事は幹事長、事務局長と共に行事の企画立案、予算の執行、事業運営等の業務を遂行する。
第7項 顧問、相談役、参与には各々必要に応じ開催する会議において要請し、助言を受けることができるものとする。

第5章 会   計

第10条 本会の会計は下記の収入により運営する。
1.会  費(入会金、終身会費)
2.事業収入
3.寄付金
4.その他
第11条 本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日とする。
第12条 本会の予算並びに決算は総会の承認を受けなければならない。

第6章 規約改定

第13条 本規約の改定は幹事会の承認を経て、総会の議決により改定する事ができる。

第7章 慶弔規定

第14条 この規定は、広島国際学院高等学校同窓会(役員)の慶弔に関する事項を定めたものである。
1.慶弔金等については、この規定の定めるところによる。
(慶弔金)
第15条 逝去には、慶弔金等を支給する。
1.この規定の適用を受けることができる者の範囲は、次に掲げるとおりとする。
(1)役員
(2)現教職員
(3)その他、会長に一任する。
2.弔慰金等の種類は、次に掲げるとおりとする。
(1)花輪又は生花一対
(2)弔電
(3)弔慰金
3.花輪又は生花一対及び弔電を受ける者は、役員とする。
4.弔慰金を受け取る者及びその額は、次に掲げるとおりとする。

区 分 対象者 弔慰金
役 員 本 人 10,000円

5.その他の規定
役員に対する記念品 10年以上 20,000円

附 則

本会は昭和30年10月1日より発足する。この規約は昭和30年10月1日より効力を発効する。

昭和55年5月24日 改  定
昭和58年5月27日 一部改定
昭和61年5月31日 一部改定
平成4年5月30日 一部改定
平成11年5月29日 一部改定
平成12年5月27日 改  定
平成12年6月1日 改  定
平成16年6月12日 一部改定
平成30年10月13日 一部改定
PAGETOP
Copyright © 広島国際学院高等学校 同窓会事務局 All Rights Reserved.